軽自動車保険安い

軽自動車 任意保険 安い

軽自動車 任意保険 見積もり

軽自動車 任意保 比較

軽自動車 任意保険 相場

軽自動車 任意保険 格安

 

自動車任意保険は毎年更新が必要なので、いちいち検討するのは面倒ですね。

 

去年のままの契約でいいか。でも、もっと保険料の安いところがあるかもしれないな。
こんな葛藤をされていませんか?

 

実は、自動車任意保険は毎年新しい商品が出ますので、検討しないまま継続契約するのは勿体ないのです。
しかし何度も保険会社に連絡して見積もりを取るのは面倒ですね。

 

そこでオススメなのが、自動車保険一括見積もりです。/span>
一度、年齢や車種などの情報を入力をすれば、複数の保険会社からの見積もりがまとめて取れ優れものです。

 

冷蔵庫 送る

 

依頼すると電話が一杯かかってきそうと心配になるかもしれませんが、返信はハガキや封書で送られてくることがほとんどなので心配ありません。

 

保険料の安い業者・ロードサービスが充実している業者、保険料があまり変わらないなら大手が良いなど、いろいろと比較できますので一括見積もりをぜひご活用くださいね!

 

 

自動車任意保険の補償

 

自動車保険 補償

 

自動車任意保険にはどのような補償があるのでしょうか?
大きく分けると4種類の補償になります。
@対人賠償 A対物賠償 B人身傷害 C車両保険です。

 

詳しく見ていきましょう。

 

@対人賠償:契約車両で他人を怪我・傷害・死亡させ、法律上の損害賠償責任を負った場合に、相手の治療費や慰謝料などを補償。
契約時に設定した保険金額が上限。 

 

A対物賠償:契約車両で車や壁、電柱など他人のモノを壊してしまい、法律上の損害賠償責任を負った場合に補償します。
契約時に設定した保険金額が上限。 

 

B人身傷害:契約車両に乗車中の自分・同乗者が事故で怪我・傷害・死亡した時、過失割合に関係なく実際の損害額に対して保険金が支払われます。 

 

C車両保険:契約車両が事故で破損した場合や、イタズラをされた時に修理費などを補償します。
契約時に設定した保険金額が上限。
補償範囲の広い「一般型」と限定された「エコノミー型」があり、保険料が異なります。

 

この他に特約などを付加して、自分にピッタリの自動車任意保険にカスタマイズしていくのです。
保険会社によっては特約がもともとついているものもありますので、しっかり補償の内容を確認してくださいね。

 

 

任意保険の補償の設定

 

自動車保険 補償 設定

 

さて補償には4つあるのはわかりましたでしょうか? 
この@対人賠償 A対物賠償 B人身傷害 C車両保険の補償額をいくらに設定するかによって、毎月の保険料が大きく変わります。
オススメは以下の通りです。

 

@対人賠償は無制限で契約しましょう。 
A対物賠償は無制限で契約しましょう。 
B人身傷害は3000万円〜保険料に応じて契約しましょう。 
C車両保険は車のローンの有無、買い替えの検討などを考慮して契約しましょう。

 

細かくみましょう。

 

@対人賠償は無制限で契約しましょう。 
事故の相手を死傷させた場合、1億や2億の賠償金を請求されることがあります。その場合に備えて、無制限で契約しておきましょう。

 

A対物賠償は無制限で契約しましょう。 
事故相手の車の修理費用だけでなく、カードレール・信号機などの修理費用は工事費もかかるので高額になります。高額賠償に備えて、無制限で契約しておきましょう。

 

B人身傷害は3000万円〜保険料に応じて契約しましょう。
実際にかかった損害額に対して支払われる人身傷害、最低限でもいいのでつけておきましょう。 
若い人や高齢者は保険料が高額なので、無保険で運転している人もいます。自分で備えておきましょう。

 

C車両保険は車のローンの有無、買い替えの検討などを考慮して契約しましょう。
車両保険は保険料がかなり上がるので、必要に応じて加入しましょう。ローンが残っている車は加入しておくのがオススメです。
補償の幅の広い「一般型」がおすすめなのですが保険料が高いので、補償範囲が限定された「エコノミー型」で保険料が抑えることもできます。

 

 

自動車保険の特約とは

 

軽自動車 任意保険

 

自動車保険の補償はだいたいわかりましたか?
このほかにも特約という形でいくつか補償を手厚くする方法があります。

 

代表的なものは弁護士特約・個人賠償特約・ファミリーバイク特約などがあります。
どんなものなのでしょう?

 

<弁護士特約>

 

例えば自分の車が停まっていたところに別の車が突っ込んできた場合など、こちらに責任が全く無い事故をもらい事故と言います。

 

この場合は過失割合は10対0となり弁護士法上、あなたが加入している自動車任意保険のスタッフは示談交渉をすることが出来ません。
もらい事故の場合は相手方との交渉は自分自身で行うか、弁護士に委任するしかないのです。
弁護士に委任する場合の弁護士費用を補償するのが、弁護士特約になります。

 

弁護士特約は記名被保険者やその家族が補償の対象となり、自動車以外の日常の事故で弁護士に相談したいときに適用できるものもあります。

 

 

<個人賠償特約>

 

自動車事故以外の偶然の事故で他人に怪我をさせたり、他人の物を壊した場合で法律上の損害賠償責任を負った場合に補償します。
例えば自分が自転車に乗っていた時に人に怪我をさせてしまった場合などです。

 

自動車保険の他に同じ様な保険に別に加入している場合は必要ありませんが、もし何も入っていないなら特約としてつけるのも一つの手です。

 

記名被保険者やその家族等が補償の対象で、相手方との示談交渉もしてくれる特約です。

 

 

<ファミリーバイク特約>

 

原付バイクの事故で被保険者が死傷された場合や、法律上の損害賠償責任を負った場合に補償するものです。
借りた原付バイクを使用していた場合の事故も補償対象です。
記名被保険者とその家族を補償します。

 

「自損傷害型」 と「人身傷害型」の2種類から選べ、「人身傷害型」は人身傷害保険をつけた場合にのみ選ぶことができます。

 

 

自動車保険の仕組み

 

自動車保険のしくみ

 

自動車保険には専門的な用語が多くて、なんだかわかりにくいと思いませんか?
しかし、実は自動車保険の補償はおおまかに分けて4つから成ることだけ理解しておいてくださいね。

 

自動車保険は事故での怪我や車の修理に備えるものです。
その対象は事故相手と自分がいます。

 

@事故相手の怪我や障害、死亡に備える

 

A事故相手の車の修理に備える

 

B自分の怪我や障害、死亡に備える

 

C自分の車の修理に備える

 

そしてそれぞれに専門的な名称がつけられています。

 

@事故相手の怪我や障害、死亡に備える・・・対人賠償

 

A事故相手の車の修理に備える・・・対物賠償

 

B自分の怪我や障害、死亡に備える・・・人身傷害

 

C自分の車の修理に備える・・・車両保険

 

おおまかに言いますとこのような感じなのです。
いかがですか?そんなに難しくないですよね。

 

@対人賠償とA対物賠償は事故相手に支払われる補償なので、必ず無制限で契約しましょう。
万が一相手に障害が残ったり、死亡させてしまった場合は億単位の賠償命令が下ることもあります。
対物賠償は事故現場のカードレールや電柱を修理費用などもカバーするので、必ず無制限で加入してくださいね。

 

B人身傷害は自分の怪我などに備えるもので加入しない人もいますが、最近無保険で車を運転している人もいますので最低限のものでも入っておくことをオススメします。
保険料と補償の額を検討して決めてくださいね。

 

C車両保険は車の状況にもよりますが、ローンが残っている方は加入しておくと安心です。
車両保険ありとなしでは保険料が大幅に変わります。
しかし最大でも車の時価しか補償されないので、「事故で廃車になったので保険金で新車を買う」などということは出来ません。
そのため、買い替えを検討している方は車両保険なしという方も少なくありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

引っ越し業者と軽トラックのレンタカー、どっちが安い?
引っ越し料金の目安が知りたい方へ
借金返済を弁護士に相談したい
自動車保険料を簡単に見積もりする方法